忍者ブログ
世界のビールの特徴を地域別にご紹介します。
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

 2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 2007/09/29 (Sat)

○オーストラリア
 オーストラリアは、かつてイギリスの植民地でした。その影響もあり、ビールの醸造方法はイギリスの特徴を色濃く受け継いだものが多数存在しています。
 温暖な気候や風土が幸いしているせいか、ホップの栽培が盛んとなっています。その為国産のホップを使用した高品質のビールが多く醸造されています。
 オーストラリア国内では、イギリスにあるビールに似たラガーやビタービールが人気となっています。

○ニュージーランド
 ニュージーランドは温暖な気候が年間を通じて広がっていて住みやすい土地です。ホップの栽培が盛んな為、国内で採れるホップと自然の湧き水と一緒に醸造され造られた、ラガータイプのビールが多いのが特徴となっています。

○タヒチ
 フランス領であるタヒチは、観光地として有名です。大変美しい国で、地上の最後の楽園と呼ばれています。世界中からの観光客が1年中訪れる、観光地となっています。
 フランス領の為、影響を色濃く受けたビールが多く存在するのが特徴です。

 

PR

★ ILLUSTRATION BY nyao
忍者ブログ [PR]