忍者ブログ
世界のビールの特徴を地域別にご紹介します。
[89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79]

 2017/12/15 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 2009/02/14 (Sat)
このサイトはビールの情報をお伝えしています。





●食い物の話になるとログが進む(part5スレ)


日本のビールって美味いのか? 日本のビールしか飲んだこと無いから俺には分からん 俺の大学のイギリス人教授は日本のビールと自分が飲んでたビールは味が大分違うとは言ってたが ちなみに日本料理は好きらしいです、ゼミの飲み会の時焼き鳥をイパーイ食って ...


続き
---
●BASS:イギリスビール


イギリスの定番ペールエールビール。 PALM 前回のビールは不発だったりドラクエ9が延期になったり違反者講習は寝れる雰囲気じゃなかったり散々な1日だったので飲んでやった。後悔はしてない。 うん、エールビールの割には飲みやすい。 ...


続き
---
●初めてのロンドン⑩


夕方ロンドンを出て (大坪組) (武智組)大坪先生にバッチリ引率されて夜 到着 今回イギリスに着いてから大坪先生(なお先生のリンジーボッコン5つ目マップは僕でもわかるマップでした )にダンス道はバッチリ助けられました まるでイギリス...


続き
---
イギリス パブの看板物語


この汚さにも由来があるところがイギリスです。 ロンドンで面白い看板を見つけることがあってもこのようにその由来まで聞いて回っていたらビール腹になってしまいます。 ここはビールを傾けこの本を開いてつまみにするのが良策です。 ...


続き
---
●Not So Mild Ale


Kjetilさんと一緒に仕込んだ、Nogne Oと志賀高原のコラボレーションビール、ほぼ出来ました。 名前は「Not So Mild Ale」。 イギリスの伝統的なスタイルであるマイルドを、ぼくらなりに解釈したビールです。 アルコール度数17.5%というDark Horizonを ...


続き
---



●イギリスではビールを冷やさずに飲むそうですが、キルケニーも常温で飲むのですか?


イギリスではビールを冷やさずに飲むそうですが、キルケニーも常温で飲むのですか?


続き
---









日本でも人気のイギリスビールから灰皿登場!ボディントンズ・ビターのパブアシュトレイ













  イギリスはマンチェスターに工場を持つボディントン・ビターのパプアシュトレイです。 このビールはその飲みやすさから日本のパブでも人気!イングランドに長期滞在したことがある人なら、この銘柄はよく見かけて懐かしんじゃないかな! そんなボディントン・ビターのオールドラベルがデザインされた灰皿をイギリス



この商品のレビューは?





---














【va-re-n2009】お酒好きの彼にバレンタインデーのプレゼントにいかがですか?ランプ(酒瓶で作ったビンランプ)英国ビールSPITFIRE













酒ビンで手作りしたランプお酒好きの方のテーブルの上に置き楽しんでください良い雰囲気が出ます。ビンの底に穴が開けて有りランプの上にかぶせてあります。ベースはパイン材のウォールナットステイン仕上げ、電器コードは手元スイッチ付、ベースの部分は丸、角タイプどちらのタイプでも選べます。※電球は5W~10Wの



この商品のレビューは?





---














440M イワタ書体ライブラリー V4.1CID ATM専用 角ポB/E・丸ポB・勘亭流 : (株)イワタ













本格DTPに欠かせない活版活字を基調とした伝統あるイワタ書体。【お取り寄せ】メーカーお取り寄せの為ご注文後に目安納期をご案内差し上げます。2009-02-03 23:36【在庫あり】…即日~翌営業日の出荷予定となります。【3営業日以内出荷】…仕入先に在庫がございます。お取り寄せですが1~3営業日で



この商品のレビューは?





---














ジョジョの奇妙な冒険のことならおまかせください。


観葉植物情報


ランドセルの最新情報。


ショルダーバッグ大特集


おせちのことならおまかせください。





PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

★ ILLUSTRATION BY nyao
忍者ブログ [PR]